就職・転職活動あれこれ支援

就職や転職でうまく立ち回れるような情報提供をできればと思います

グローバルキッズ -保育士求人 首都圏 大阪-

 株式会社グローバルキッズが運営する「グローバルキッズ」という保育園があり、首都圏や大阪に展開され、保育園の他に学童保育や公共施設での託児サービスなどの施設がある。2006年に最初の保育園を開設して12年、親会社として設立された「グローバルグループ」は2016年3月にはマザーズに上場した。

 

会社名 株式会社グローバルキッズ

業種 福祉サービス業

決算月 9月

代表者名 代表取締役社長 石橋 宜忠
資本金 3,000万円

本社所在地 〒102-0071
 東京都千代田区富士見二丁目14番36号 Google MAP
TEL: 03-3239-7088/FAX: 03-3239-8088

従業員数 2,578名 ※2017年8月現在。

主な事業内容
 保育所・学童保育施設の運営
公共施設での託児サービス
開園希望者へのコンサルティング実施、他

 

※お断り

自分の数回にわたる転職について振り返ると、利用した転職支援サイトについては下記のようになります。

複数のエージェントに登録する

②各エージェントで同じ会社の求人情報について比較

③どこのエージェントの求人情報が詳細であるか調査

④担当コンサルタントの質の比較

このような比較で利用するエージェントの優先順位を決めておけばいいかと思います。もちろん、担当コンサルタントとつきあいが長く親切に対応してくれるので、あの転職サイト一択だ、という場合はそちらを優先して下さい。

自分に転職希望する会社があり、それが大企業のグループ会社であった場合は、そのグループ会社に人材サービスを行っている会社を探し、そこに登録すればグループ会社の案件が多いため転職しやすい面があります。大手転職サイトよりもグループ内人材会社に求人情報を送ることが多く、そのグループ内の会社であれば大手には行っていない案件も多数あります。連結決算の面からもグループ会社間での取引が最優先されます。 

 

広告

 

1.概要

 グローバルキッズは、東京を中心に、神奈川・千葉・埼玉・大阪で120か所以上の施設を運営している。ほとんどが認可・認証保育園となっており、その数は東京都には74施設、神奈川(主に横浜)には19施設がある。その他に、小規模保育施設や学童保育も運営し、新施設も開所しており、年々規模を拡大している。基本的には保育園ごとの採用となるが、まれに他園に異動というケースもあるので、自分の勤務地周辺のグループ施設を把握しておく方が良いだろう。また、子供たちのためだけではなく、保育士も日々成長するための研修制度が充実しており、スキルアップを目指せる保育園だ。

 

2.メリット

①正社員保育士募集に重点

グローバルキッズでの募集対象は、主に正社員の保育士の求人である。2019年度は新卒者、既卒者含めて100~200名の保育者を募集するようだ。応募の年齢制限はないので、転職希望者も応募可能だ。また、少数ではあるが、中途採用やパートも募集している。求人ページでは正社員のみ記載されているが、パート勤務も可能なので問い合わせてみると良いだろう。

 

②充実した研修制度

グローバルキッズでは特徴の一つとして充実した研修制度が挙げられる。社会人としてのスキルを身につける新卒対象入社前研修はもちろん、全職員を対象に日々の保育にいかせる遊びや製作の研修も行われている。また、海外視察制度もあり、福祉先進国である北欧などに視察で行くことがある。推薦や公募で選抜されれば、全額会社負担で視察旅行に行けるので興味が有れば利用できる制度だ。また、新卒者向けの事前説明会や保育園見学も充実しており、GKカフェというお茶会形式の会社説明会も実施されている。

 

3.デメリット

①仕事量が多い

人員不足と感じている保育士が多く、土曜保育の対応のため代休を平日に取ると、平日も1人当たりの負担が増え、仕事量が多くなっている。新しい保育園を増やす事も大切であるが、現場の声を聞いて改善して欲しいという要望が出ている。

 

②グローバルキッズ運営保育園であっても保育園間で格差がある

3-①とも絡むが、保育園間でいろいろと差があるようで、残業の有無、保育園内のローカルルールで苦労しているという意見がある。保育士同士の人対人の相性もあるため、難しい問題である。

 

4.まとめ

 グローバルキッズは素晴らしい保育理念を掲げており、そのような保育ができれば理想的であるが、一方で人員不足等から派生するいろいろな問題をもっている園がある。子供たちのためには時間も惜しまず、自分もスキルアップしながらバリバリ働きたい人には向いているかもしれない。しかし、子育てをしながら自分自身の私生活も充実させつつ、仕事とプライベートを両立して働きたいと考えるのであれば、一考の余地があるだろう。自宅の近所等で、勤務したい保育園が決まっていればそこの保育士さんにあらかじめ情報収集をしておき、自分が考えている職場と思えるなら応募されては如何だろう。

 

 ↓ 無料登録はこちらから ↓

広告