就職・転職活動あれこれ支援

就職や転職でうまく立ち回れるような情報提供をできればと思います

ほいぷら -セントメディア運営 保育士転職支援-

 株式会社セントメディアが運営する「ほいぷら」は首都圏に特化した保育士の転職支援サービスだ。株式会社セントメディアは人材サービス事業を21年以上行っている企業で、求人数は約6,600件(2018/12)で、非公開求人については登録後カウンセラーから紹介がある。施設としては認可保育園から学童保育、企業保育所といった様々な施設が登録されているので自分にあった保育園を選ぶことができる。

 

社名 株式会社セントメディア
本社住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目1番24号 京王新宿三丁目ビル3階
資本金 9,900万円
設立 平成9年1月29日
決算月 3月
売上高 平成30年3月期 424億円
代表取締役社長 大原 茂
従業員数 1,099名(平成30年3月31日現在)
事業内容 人材派遣・紹介予定派遣事業
業務委託・請負運営事業
人材紹介事業
コンサルティング事業
取引先企業 3,372社
登録スタッフ 約45万名
許認可
 人材派遣許可番号 派13-080490
 職業紹介許可番号 13-ユ-080459
厚生労働省 優良派遣事業者
全国の派遣事業者約12,000~13,000社の内の85社の一つとして、優良派遣事業者推奨事業制度初の優良派遣事業者認定。 ※2017年8月現在

※お断り

自分の数回にわたる転職について振り返ると、利用した転職支援サイトについては下記のようになります。

複数のエージェントに登録する

②各エージェントで同じ会社の求人情報について比較

③どこのエージェントの求人情報が詳細であるか調査

④担当コンサルタントの質の比較

このような比較で利用するエージェントの優先順位を決めておけばいいかと思います。もちろん、担当コンサルタントとつきあいが長く親切に対応してくれるので、あの転職サイト一択だ、という場合はそちらを優先して下さい。

自分に転職希望する会社があり、それが大企業のグループ会社であった場合は、そのグループ会社に人材サービスを行っている会社を探し、そこに登録すればグループ会社の案件が多いため転職しやすい面があります。大手転職サイトよりもグループ内人材会社に求人情報を送ることが多く、そのグループ内の会社であれば大手には行っていない案件も多数あります。連結決算の面からもグループ会社間での取引が最優先されます。 

 

広告

セントメディア ホイプラ

 

1.概要

 ほいぷらは首都圏の一都三県地域限定に特化した保育士専用転職支援サービスだ。雇用形態としては正社員がメインとなるが、ブランクがあって復職する場合、派遣から進めることも可能である。登録者の比率は下記のようになる。

【実際の登録者層】
男女比 男20:女80

年齢層
・20〜24歳 15%
・25〜29歳 25%
・30〜34歳 25%
・35〜39歳 20%
・40代   10%
・50代以上 5%

都内では待機児童が4,000人以上いるといわれ、子供を預けられないことで女性の社会進出を阻害するこの問題を解決するために「保育士と保育園の、スキル、志向性両方のマッチング」を通じて取り組んでいる。

 

2.メリット

①首都圏の保育士求人と「ハローワーク求人」を閲覧可能

ほいぷらに掲載されている保育士求人は「約6600件」で、ちいきは首都圏一都三県にげんていされている、東京都の求人が最も多く、6割弱ほどが東京都内の求人だ。正社員の求人が半数以上だが、運営会社セントメディアが人材派遣も行っているため派遣保育士の仕事も取り扱っている。また、ハローワーク求人も閲覧可能で、問い合わせ等は自分で確認する必要がある。

 

②検索が使いやすく、検討中BOXが便利

ほいぷらサイトでの検索機能は非常に使いやすい仕様で、「検討中BOX」というファルダのようなものがあり、気になった求人をここにストックすることが可能だ。こちらは非会員でも利用でき、情報収集ツールとして役立つ機能となっている。求人検索も充実しており、地域や職種以外にも給与や勤務日数などから検索が可能だ。検索条件に該当する求人が下方へスクロールするだけで閲覧でき、ページ移動しなくていい点が便利だ。さらに、法人名、おすすめ求人、新着求人などの特集から保育園を探すこともできるので、自分の希望条件の幾つかにあうものを検討中BOXに入れて後でゆっくり吟味できる。

③専任コンサルタントのサポート

登録すると専任のコンサルタントが決まり、仕事探しから退職手続きまで転職をサポートしてくれる。コンサルタントは、人材サービス21年以上の実績があるセントメディアの社員で、半数以上が保育士の資格を持ち、事情通のプロの転職サポートを受けられる。徹底したヒアリングから、非公開求人も含めた中で希望条件に沿う保育園探しをしてくれ、面接・見学の日程調整なども任せられる。さらに、現在就業中の保育園の退職手続きまでサポートしてくれる場合がある。当然、入職準備もいろいろとサポートしてくれ、内部情報がある場合は差し障りのない範囲で教えてくれる。

 

3.デメリット

①地域限定でそれ以外の地域に対応できない

首都圏限定のため、上京して保育士の仕事をする場合は該当するが、他の地域では利用価値がない。首都圏の求人を数多く集めているので、首都圏、特に東京の保育士求人を探している転職希望者向きだ。また、ほいぷらは保育園の保育士求人が多いが、その他の施設の保育士求人は少なく、例えば、児童福祉施設、放課後等デイサービス、児童発達支援施設などはすべて「その他」にまとめられているので、該当求人を検索するには多少使いづらいことと求人数自体が多くないので要注意だ。

 

②コンサルタントの相性

これはほいぷらに限ったことではないが、コンサルタントが熱心で電話回数が多くなることを良くとる場合と煩わしいと感じる場合があり、気になる場合はコンサルタントの交代を申請するか、他のサービスと併用する方が良いだろう。自分の転職なので、スムーズに進めることと納得ができるようにすることが重要だ。

 

4.まとめ

 ほいぷらは地域特化型の転職支援サイトであるため、全国対応ではないが、その分、首都圏での保育士の求人については力を入れており、探せば自分のピッタリの保育施設が見つかるかも知れない。検索機能が使いやすく、コンサルタントのフォローもしっかりしているので、特に都内の転職希望者であればお勧めできるサービスである。

 

 ↓ 無料登録はこちらから ↓

広告

セントメディア ホイプラ