就職・転職活動あれこれ支援

就職や転職でうまく立ち回れるような情報提供をできればと思います

保育士コンシェル -転職支援 首都圏 無料サービス-

 株式会社コンプレートが運営している「保育コンシェル」という保育士の転職支援サービスがある。この会社は以前から保育園と保護者が安心して連絡のとれる「安心伝言板」という通話サービスを展開し、現在も継続されている。そのような関係からいくつもの保育園との幅広いネットワークをいかして人材紹介サービスを運営しているので、保育園からの信頼が厚くなっている。

 

商号 株式会社プログレート(英文:PROGRATE, Inc.)
設立 平成13年1月12日
資本金 2,000万円
本社 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-18-3 オーチュー第1ビル6F
  TEL 03-5304-1445/FAX 03-5304-1447
役員 矢口 隆英 代表取締役社長
顧問弁護士 北川・江木法律事務所
決算期 3月
事業内容
 WEBシステム開発、デザイン制作
 ネットワーク構築、システム運用
 保育園、幼稚園などの連絡ツールシステム(安心伝言板)の販売、運営
 保育士・幼稚園教論等の人材紹介事業 「保育士コンシェル」
 人材紹介会社向けの業務管理システム(エージェントリンク)の販売、運営
 日経キャリアNETの販売、業務サポート
 企画コンサルティング、商品開発
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可:13-ユ-303821)
保育士人材紹介(保育支援事業) 首都圏を中心した保育施設約5,000施設

 

※お断り

自分の数回にわたる転職について振り返ると、利用した転職支援サイトについては下記のようになります。

複数のエージェントに登録する

②各エージェントで同じ会社の求人情報について比較

③どこのエージェントの求人情報が詳細であるか調査

④担当コンサルタントの質の比較

このような比較で利用するエージェントの優先順位を決めておけばいいかと思います。もちろん、担当コンサルタントとつきあいが長く親切に対応してくれるので、あの転職サイト一択だ、という場合はそちらを優先して下さい。

自分に転職希望する会社があり、それが大企業のグループ会社であった場合は、そのグループ会社に人材サービスを行っている会社を探し、そこに登録すればグループ会社の案件が多いため転職しやすい面があります。大手転職サイトよりもグループ内人材会社に求人情報を送ることが多く、そのグループ内の会社であれば大手には行っていない案件も多数あります。連結決算の面からもグループ会社間での取引が最優先されます。

 

広告

 

1.概要

 保育士コンシェルは保育士に特化した転職支援サービスだ。このサービスを利用して転職した保育士の「97%以上が満足」という利用実績がある。背景として、コンサルティングの丁寧なサポートや首都圏最大級(約5,000施設)の保育士求人の取り扱い、「来年度開園」情報や「園長求人」等、公開求人に出せない多数の高給与、好条件の非公開求人があるからだ。求人対象は50歳代までの男女で、保育士資格所持者であれば現役、未経験、ブランク有りを問わない。保育士としてのやる気が1番大切だ。

2.メリット

①定休日や残業がない

保育コンシェルでは嘱託職員(公務員)となるため、基本的には土日祝日は休みとなり、残業もあまり無いので、プライベートの時間をとれるだろう。

 

②首都圏約5000施設から保育園を紹介

保育士が転職する場合、通勤時間については30分-1時間までに抑えたいと思っている場合が多いようだが、選択肢が多数あるので最適な園を見つけやすいだろう。保育コンシェルは首都圏約5000以上の保育施設とつながっている。

東京都:2100余り
神奈川県:1450前後
千葉県:630前後
埼玉県:950前後

豊富な保育施設から、希望にあった勤務先を見つけることができる。

 

③保育士コンシェルジュの完全サポート

保育コンシェルに登録すると、専任のコンシェルジュが決まる。このコンシェルジュが、転職希望の保育士に希望や条件を聞き、様々な相談に乗る面談から、求人の紹介、面接の設定、入社までを一貫してサポートしてくれる。勤務先に対する希望などの相談だけでなく、これまでの保育士としての悩みや前職場で辛かったことなども伝えておけば、そういった事も配慮して求人を探してくれる。

 

3.デメリット

①嘱託職員であること

保育コンシェルではほとんどが自治体の嘱託職員という立場になる。正規雇用の職員ではなく期限付きの契約になり、問題なければ自動更新となるようだが、契約年数の満期であったり、諸般の事情で翌年には失職することがあり得る。

 

②募集が少ない

ある程度増えてきたとはいえ、まだまだ導入する自治体が少ない保育コンシェルジュの求人はかなり少ない。業務内容が比較的楽なこともあり、求人にはたくさん応募があり狭き門となっている。

 

③対応地域が首都圏のみ

対応地域が首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)が中心となり、他の地域で転職する場合には使えないサービスだ。他にも全国対応のエージェントがあるのでそちらに登録して転職活動を進める方が良いだろう。

 

4.まとめ

 保育士は園内で子供の健康を維持するなど大きな責任を持つ仕事で、そんな保育士の転職をしっかりサポートしてくれる保育コンシェルは、首都圏の提供エリアさえ合えばとても良い保育士転職支援サービスだ。サービス利用者の「97%以上が満足」という利用実績をもっている転職サービスで、利用できる地域に在住の保育士で転職を考えているならお勧めできるサービスだ。

 

 ↓ 無料登録はこちらから ↓

広告